食品、研究、化学の場で

マイクロスコープと顕微鏡、この2つが存在するからこそ、私達が普段飲む薬は作られ、食品、生物や、化学実験なども成功しているんです。
つまり、マイクロスコープと顕微鏡は、私達が便利で豊かな生活を送るのに欠かせないものの1つなんです。
そんなマイクロスコープと顕微鏡ですが、あなたはまず、マイクロスコープと顕微鏡の違いをご存知でしょうか?

一緒であると認識されることが多いマイクロスコープと顕微鏡ですが、違いはきちんとあるのです。
肉眼では見えない遠くのものを見たい、そしていろいろなものを発明したり、研究したいという意欲から、人間によって作られたマイクロスコープと顕微鏡。
医薬品の研究で使われるものもあれば、病院の検査で使われるもの、精密機器を作る時に使われるもの、私達が理科の実験などで使用したもの、用途によって、色んな種類のマイクロスコープや顕微鏡が使われているんです。

そのマイクロスコープや顕微鏡、もとは鏡の原理から成り立ったものなんです。私達は普段鏡を使いますよね。鏡の歴史は古いものです。もともとは水鏡から生まれ、金属鏡が出来、ガラスが誕生し、今の鏡が出来上がり、そこから、マイクロスコープや顕微鏡も生まれたんです。
鏡があってこそ生まれたマイクロスコープと顕微鏡。今日はこの2つについて、紹介していきたいと思います。

おすすめリンク

顕微鏡選びをするならこちらを参考にしましょう|マイクロネット株式会社
だれでも操作できる優しく高度なレーザー顕微鏡を御体感してみてください|株式会社キーエンス
マイクロスコープで実験の成果を上げよう|株式会社松電舎

マイクロスコープとは?基礎知識を知るならこちら:お悩み解決!何でも辞典

calendar
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
archive
category
  • カテゴリーなし